スピノサウルス(Spinosaurus)

学名(属名) Spinosaurus
分類 竜盤目・獣脚類 (獣脚亜目・テタヌラ下目)
体長 約13~15メートル
生息時期 白亜紀後期
[恐竜のしっぽ 図鑑] スピノサウルス

恐竜博2016(2016年)

2016年3月8日(火)~6月12日(日) at 東京・国立科学博物館

スピノサウルスの全身骨格化石

スピノサウルスの全身骨格化石

スピノサウルスの上顎骨化石

スピノサウルスの上顎骨化石

スピノサウルスの全身骨格化石

スピノサウルスの全身骨格化石

恐竜2009 砂漠の奇跡!!(2009年)

2009年7月18日(土)~9月27日(日) at 千葉・幕張メッセ

スピノサウルス子供の全身骨格化石

スピノサウルス子供の全身骨格化石

スピノサウルスの全身骨格化石

スピノサウルスの全身骨格化石

スピノサウルスの全身骨格化石

スピノサウルスの全身骨格化石

スピノサウルスの全身骨格化石

スピノサウルスの全身骨格化石

スピノサウルスの全身骨格化石

スピノサウルスの全身骨格化石

スピノサウルスの中足骨化石

スピノサウルスの中足骨化石

驚異の大恐竜博 起源と進化 ~恐竜を科学する(2004年)

2004年7月16日(金)~9月12日(日) at 千葉・幕張メッセ

スピノサウルス歯化石

スピノサウルス歯化石

コメント

スピノサウルスはアフリカ・アジアに生息した、最大級の獣脚類です。
以前から魚食性であることは分かっていましたが、2014年に「水棲に適していた説」が唱えられました。

背中の帆は高さ1.8メートルにも達し、体温調節のために使われていました。

関連記事

ピックアップ恐竜

カマラサウルスの全身骨格化石

カマラサウルス(Camarasaurus)

学名(属名) Camarasaurus 分類 竜盤目・竜脚形類 (竜脚形亜目・竜脚下目) 体…

おすすめ

種類

ページ上部へ戻る
↓