アンハングエラ(Anhanguera)

学名(属名) Anhanguera
分類 翼竜目・翼指竜亜目
翼開長 約4~5メートル
生息時期 白亜紀前期

メガ恐竜展2015(2015年)

2015年7月18日(土)~8月30日(日) at 千葉・幕張メッセ

アンハングエラの全身骨格化石

アンハングエラの全身骨格化石

茨城県立自然史博物館 常設展示

2015年3月1日 at 茨城・茨城県立自然史博物館

アンハングエラの全身骨格化石

アンハングエラの全身骨格化石

大恐竜展 知られざる南半休の支配者(2009年)

2009年3月14日(土)~6月21日(日) at 東京・国立科学博物館

アンハングエラの全身骨格化石

アンハングエラの全身骨格化石

コメント

アンハングエラは、海面すれすれを飛行しながら魚をとって食べたと考えられています。くちばし上部にふくらみを持ち、これは水中にくちばしを入れたときの抵抗を減らす役割をおっていたと推測されています。

関連記事

ピックアップ恐竜

カマラサウルスの全身骨格化石

カマラサウルス(Camarasaurus)

学名(属名) Camarasaurus 分類 竜盤目・竜脚形類 (竜脚形亜目・竜脚下目) 体…

おすすめ

種類

ページ上部へ戻る
↓